児童憲章

―児童憲章―

  • 児童は、人として尊ばれる。
  • 児童は、社会の一員として重んぜられる。
  • 児童は、よい環境のなかで育てられる。

―児童福祉法(児童福祉法の理念)―

  • すべて国民は、児童が心身ともに健やかに生まれ、かつ育成されるよう努めなければならない。
  • すべて児童は、ひとしくその生活を保障され、愛護されなければならない。

―保育所の目的―

  • 保育所は、児童福祉法に基づく児童福祉施設のひとつで、保護者の労働や病気などで保育を必要とする乳児、または就学までの幼児を保育することを目的としています。
  • 保育所に入った子どもたちは、一日の大半の時間をここで生活することになります。
    ですから、保育所では一人一人の子どもの欲求を満たしながら、子どもの生活である「遊び」を豊かに発展させることが、保育の基本となります。

―千葉市の保育指標―

太陽の子を育てる

―千葉市の保育目標―

豊かな心と 創造力を培い

  未来を拓く  たくましい子どもを育てる