保育の内容に関する全体的な計画

事業の目的

心身ともに健やかに育成されるよう乳幼児期の教育・保育を行うほか、保育所保育指針に掲げる目標が達成されるよう教育を行うことを目的とします。

保育方針

全ての子ども達の発達について理解し、一人一人の子ども達の特性に応じ、安全・安定・安心を図りながら、充実かつ調和のとれた生活をたいせつにする。これは養護と教育が一体となった保育者の最善の援助によって可能となる。

保育理念(事業運営方針)

全ての子どもが豊かな愛情の中で、健やかに育てられ、自ら伸びていく無限の可能性を持っている。乳幼児の最善の利益を考慮し、全ての子どもの人権や主体性を尊重し、保護者や地域社会と力を合わせ、児童の福祉を増進する。

園の保育目標

  • 元気に楽しく遊べる子ども。
  • 元気に挨拶できる子ども。
  • 何でも自分で出来る子ども。